<   2004年 11月 ( 58 )   > この月の画像一覧

11月29日 新穀町

a0010116_23254454.jpg


なんかの代休でしょうか。小学生のお帰りが早かったようですね。
見慣れない風景が少し新鮮だったりして。
冷たい空気が町を覆って、それも気持ちを新たにしてくれました。

年末っつうことで、遠野市でも10大ニュースを募集しています。
まだ振り返る気分でもないですが、
個人的には綾織中学校野球部優勝に1票でしょうか。
たぶん、どぶろく特区、市制50周年、合併あたりが上位になるんでしょうけど。

こうやって項目を見ても、遥か彼方な気持ちになるのは不思議です。
生きているスピードは早まっているくせに、過去は10年以上前にも思えるのですから。

○「パークサイドはやせ」は完売
[PR]
by iwatelife | 2004-11-29 23:31

11月28日 小友で個人的初雪観測

a0010116_2225541.jpg


引き続き風が吹き荒れた日。
無意味に小友町。「ともちゃん」にもよらずに鷹鳥屋方面へ入っていく。
(ともちゃんの中にある「三つ葉のクローバー」の麦さつまはおいしいですよ)

フロントガラスの向こうに粉のような物体が舞っているのを確認。
雪かも。雪でしょう。雪です。
積もるほどの勢いはなかったですが、個人的には初雪でした。
待ちくたびれたせいもあって、嬉しくもなく。

はじめてのことをどれだけ嬉しく感じることができるかは、バロメータかもしれません。
「若さ」っつうか、感性の柔軟性というか。
ココロが固くなるなんて、思ってもみませんでしたけど、
そんなこともあり得るんだなあとしみじみする冬の本格化です。
[PR]
by iwatelife | 2004-11-28 22:08

昭和のくらし展

a0010116_21574630.jpg

「とぴあ」は今週末は創業祭。
久々に屋上に車を停めるはめに。なかなかのにぎわいでした。
サティが遠野を去って、もう2年以上になるんですねえ・・・。

1階のセントラルコートでは昭和のくらし展が開催。
3ブースあって、駄菓子屋さん、文房具屋さん、食卓が再現されていました。
どうもターゲットは50代以降とみました。
私はあんまし懐かしい思いはしませんでした。

懐かしグッズとして、ゲーム&ウォッチとか出てきてたら、涙を流すのでしょうが。
[PR]
by iwatelife | 2004-11-28 22:01

11月27日 さがみ(駅前)

a0010116_2148555.jpg


風の音がすごいことだけはわかった。
車もカーブでは、揺さぶられたりすることも感じた。
へたな台風より勢いがあるだが、どうも警戒という気持ちにはなれなかった。
盛岡へ行って、冬支度を済ませる。

なんとなく入ってしまうお店ってあるわけで、
仕上げにラーメンなんて暮らしをしていると、この界隈(親不孝通り)のお店にお世話になる。
摂取した分のカロリーは、まず蓄積される。
避けたい事態だが、流れってのもあるので、逆らうことはできない。
何か効用があるとも思えないのだが、日付けが回る頃、この店は案外繁盛している。

存在意義って、どんな場所にも、店にも、そして人にもあるんだろう。
あなたはどんな存在意義をお持ちですか?
[PR]
by iwatelife | 2004-11-28 21:56

11月26日 ひまわり基金法律事務所(東穀町)

a0010116_22544883.jpg


下一日市から姿を消した「ひまわり基金法律事務所」をようやく見つけました。
東穀町の病院跡でした。稲荷下跨線橋をくだって、最初の交差点にある建物でした。
きょう、所長さん交代の記事が岩手日報に掲載されていて、手狭になったのが原因とか。
前の所長が受けた相談600件弱の相談うち、180件の破産案件、300件の債務整理案件。
釜石地区も含む数字のようですが、3年間の実績としては確かに多いですね。

金の貸し借りは基本的にしません。貸すくらいならあげます。(もちろん額によりますが)
だから商売とか、たぶんできないんでしょうねえ。
お金のセンスもある程度小さいときから磨かないとダメじゃないかと思うこのごろ。

きのう、合併協議会が開催されて、協定項目の協議が終了。
一番の懸案だった、議員の扱いは
・在任特例13か月適用
・新市議会の定数は22
・在任特例中の議員報酬は、それぞれの報酬
ただし、合併協定書調印式の日程は、再度協議になったそうです。
[PR]
by iwatelife | 2004-11-26 23:10

11月25日 駒形橋

a0010116_22413940.jpg


「銀河鉄道の夜」も知らずにこの地で生きている。
それほど困ることはないけれども、駒形橋から闇の中で光る線路にみとれていた。
多分明日は寒そうな空が月の明かりのせいで雲のかたちを映している。

いままでも何度も書いたけれども、
線路をながめるたびに、その先はどこかへ続いていることを思う。
生まれた町や、暮らした町や、痛い目にあった町へ。

決して、そこから汽車は空へ飛び出したりしない。
そういうリアルさをココロの底で愛していた時期があった。
定められた道筋の中で、もがいているのが大抵の人生なんではないだろうか。

○遠野市から新潟県小国町へ大工を派遣
  遠野職業訓練協会などから、友好都市の小国町へ大工が派遣されました。
 
[PR]
by iwatelife | 2004-11-25 22:51

朝焼け

a0010116_22392659.jpg

あなたがいたことも忘れるために、自分の中で戦っている。
また朝が来たんだなあ。
[PR]
by iwatelife | 2004-11-25 22:41

11月24日 タントタントあたり

a0010116_22502380.jpg


タントタントのランチタイムはお休みだった。
あんまり行ったことはないけれども、ズモナビールしばらく飲んでいないなあ。
神社エールも懐かしい。

この通りを挟んで存在していた神田屋跡には、早くも木で枠が作られて
新しい建物ができそうな風情になっていた。後ろ側にあった木2本もいずこへ。

うってかわって曇天な平日。仕事の日ならば、それほど悔しくはない。
でも、この日が休みの人もいることは、どこかにとどめておきたい。

ある雑誌を求めて、本屋をはしご。
とはいっても沖館書店と内田書店しかないんだが・・。
なんとか入手。こんなときは面倒な遠野。

○合併協議会だよりから
・慣行の取り扱い
 市章、市旗、市民憲章、市民歌→新市において制定
 市の花、市の鳥、市の木→新市において選定
 名誉市民→現在の名誉市民は新市の名誉市民として引き継ぐ。制度も現行どおり
 各種宣言→新市において調整

個人的にはカリンちゃんの運命を心配していますが、どうなっているんでしょう?
[PR]
by iwatelife | 2004-11-24 23:00

遠野ふゆ物語

a0010116_22451098.jpg

今年の冬の観光シーズンの目玉「遠野ふゆ物語」のポスターです。
以前にも書きましたが、どべっこ・昔話まつり・ひなまつりの三点セットで売り出し中。
遠野の長い冬も、一度見る分には悪くないと思いますよ。
それにしても雪が降りませんねえ・・・。

遠野ふゆ物語
[PR]
by iwatelife | 2004-11-24 22:48

11月23日 消防署の空に

a0010116_675321.jpg


空は澄み渡っていたのに、家の中にいた。
夕方、つじつまをあわせるように松崎町白岩を走った。

消防署のタワーからはどんな風景が見えるんだろう。
火の見櫓として、役立っているんだろうか。
幸いなことにこれ以上の高さの建物は、あまりなさそうだが。

見通し。あなたは、どれくらい先を見ていますか?
転がりながら生きていくのも、ある意味はかっこいいわけでだけど
冷静な場所に立って、これから行く場所も見ておけばよかったなあ。
(反省です)

10年先は無理でも、1年先くらいは。
そういう場所が身近にあったら、違った人生もあっただろう。

再インストール無事終了。あるアプリケーションをバージョンダウンするため。
一度、まっさらにするのはドキドキことであることには変わりはない。
元に戻すのに若干苦戦したものの、目的は達成。
しかし、これほど不安定な電気製品はパソコンくらいではないか。

○財政指標
・経常収支比率
 遠野市 81.3% 宮守村 87.7%
・公債費負担比率
 遠野市 17.3% 宮守村 28.2%
・一人当たり地方債残高
 遠野市 50万1千円 宮守村 112万8千円
[PR]
by iwatelife | 2004-11-24 06:14