<   2004年 08月 ( 60 )   > この月の画像一覧

台風が通過

a0010116_23241146.jpg


目覚めると、雨。
雨は朝方が最高潮だったかもしれません。
釜石線は始発からストップ。代行バスもなし。
なんかひどい措置だなと思いながらも、有線放送をぼんやりと聞いていました。

昼には雨はあがっていて、余波の風を受けながら歩きました。
町中は倒れているものはありましたが、目につく大きな被害はなさそうでした。
(農業関係はたぶん被害がありそう)

台風はまた直撃せずに遠野を過ぎていったわけです。
[PR]
by iwatelife | 2004-08-31 23:25

ふるさと村と水光園でどぶろく提供へ

構造改革特区制度を活用して、遠野ふるさと村と水光園でも製造免許の申請をしているのだとか。
ふるさと村では「どべっこ祭り」に合わせて提供できるように計画しているようです。
すると11月下旬くらいからは、もうちょっと気軽に楽しめるのでしょう。
それでもあそこから公共交通機関で帰るのは大変です。
[PR]
by iwatelife | 2004-08-31 23:21

明日はどうなる?

a0010116_21421516.jpg


通り過ぎてくれるといいですね。何事もなく。
これも欠ノ上稲荷神社あたりからの空。
[PR]
by iwatelife | 2004-08-30 21:41

欠ノ上稲荷神社の展望台



日枝神社からなんとなく温泉マークがある建物に引かれて頼りない道へ。
クマにおびえながら前へ進みます。それが神社へ行くときの最大のネック。
遠野の場合、そんな道を行かないとたどり着けない場所も多いです。

光が減少した頃、体が汗に覆われた頃。
欠ノ上稲荷神社の入口へ。大きな鳥居です。
光の差す方へあがっていくと、神社が見えました。

そしてちょっとした東屋からは遠野の町が。
光の園幼稚園を手前にした遠野の風景。なかなか新鮮です。

a0010116_21404928.jpg

[PR]
by iwatelife | 2004-08-30 21:39

日枝神社

a0010116_2136315.jpg

遠野町のはじっこにある日枝神社。
階段を登ると思います。立派な神社じゃないですか。
大きな「消防追悼碑」。小さな「愛犬之碑」。
なぜか竪穴式住居跡。深いです。

今回の狛犬は、消防追悼碑側にあるもの。
台座には昭和六年の文字が確認できます。
[PR]
by iwatelife | 2004-08-30 21:34

荒川高原 馬と会う

a0010116_22321866.jpg


日没間近の荒川高原。雲の中に入ったようで見通しもなく。
それはまるで誰かさんの人生のようでもあり、急ぎました。
せめて日が暮れるまでには附馬牛に行きたい!と。

すると馬がたくさん群れて出現。
こんなに道路から近いところにいるのを見るのは初めて。
止まってご対面です。

牛もそうなんですが、馬も得体が知れない人間をみんなで見ます。
嫌ですよね。1対多数の状況。
だから僕は群れないようにしています。

遠野は秋ですよ。東京のつもりで来てはいけません。
[PR]
by iwatelife | 2004-08-29 22:35

日本のふるさと 遠野まつり

チラシもできましたね。

○第1ステージ
9月13日(月)八幡宮宵宮祭
9月14日(火)八幡宮祭典御神輿神幸、郷土芸能供奉
9月15日(水)八幡宮祭典御神輿神幸、遠野南部流鏑馬神事、馬場めぐり
○第2ステージ
9月18日(土)
12:00〜16:00 郷土芸能パレード(第一部) 穀町・一日市・駅前通り
17:00〜21:20 郷土芸能パレード(第二部) 駅前通り
9月19日(日) 
11:00〜12:30 遠野南部流鏑馬   遠野郷八幡宮
12:30〜15:30 郷土芸能パレード 遠野郷八幡宮

詳しいことは実行委員会へお問い合わせ下さい。
月曜日から日曜日まで、いったいどんな雰囲気になるのでしょうか。
[PR]
by iwatelife | 2004-08-29 22:29

石上橋(綾織町みさ崎)

a0010116_22465411.jpg


みさ崎の谷間を登っていけば、東禅寺へ抜けることができます。
石上神社付近は道路が改良されて、その旧道が残っています。
「石上橋」が集落へくねり道をひっぱりこんでいました。

遠野三山では、僕にとってはマイナな山。
かたちを覚えたのも最後でした。

天気は下り坂。
[PR]
by iwatelife | 2004-08-28 22:48

石上神社(綾織町)

a0010116_22415238.jpg

綾織の大きい神社ってどこだっけと考えながら国道を走っていました。
石上神社が思いついて、谷間へ入っていきます。

国道沿いから鳥居や石柱があるのですが
今の境内は寂しさを隠しきれません。痛んでいるせいでしょう。
鳥居も階段も本殿も。

狛犬はいました。片方の台座には「歓迎関西四国遊覧記念」。
昭和12年の文字が読み取れました。
片方の台座には、また別の日付け。古いことは古いようです。
[PR]
by iwatelife | 2004-08-28 22:44

早瀬町のはずれ

a0010116_7153277.jpg


ここ数日、いろいろありました。
たいしたことをしたわけではないですが、薄い膜のような疲れがこころに残ります。
普段のペースを乱されることを期待している割には、
実際にいろんなことがぼっ発すると、駄目ですね。

たいていのことはどうでもいいと思っています。
他人が何をしようが、気になりません。人の噂話なんて特に。
冷たいのかもしれません。

稲穂の角度が変わって、季節は変わっていきます。
早瀬町にはカラスの細工。雀とカラスの力関係なんでしょうかね。
[PR]
by iwatelife | 2004-08-28 07:19